教育研究領域 - Mechanical Engineering

材料・強度・変形

Materials Science, Mechanics and Processing

 材料・強度・変形領域は,機械創成のための重要な基礎となる材料科学,材料力学や塑性加工など金属や非金属など全ての材料分野を包括する.すなわち、機械材料についてバルク材そのもの,界面・表面などの観点やナノ,メゾおよびマクロスコピックなスケールから科学的に観察,解析し,新材料システム創製への創造的展開を実現するための教育と研究を行う.

スタッフ

  • 教授     浅沼 博  asanuma(*1)
  • 教授     小林謙一  k-cobayashi(*1)
  • 教授     魯  云  luyun(*1)
  • 准教授    糸井貴臣  itoi(*1)
  • 准教授    山崎泰広  y.yamazaki(*2)

加工・要素

Manufacturing and Machine Elements

 加工・要素領域は,先端的な加工システムの構築と,より微細な加工を行うための方法を実証することを目的としている.このためには,加工の際に成立する原理,原則を検証し,加工に大きく影響する物理,化学的現象を解明することが必要となる.素材・材料の物性の理解と加工における物理,化学現象の理解,さらに材料物性,加工現象の理解に基づく先端的加工システムの教育と研究を行う.また,機械を構成する要素に関する構造的解析から機械のデザインのための予備教育を行う.

スタッフ

  • 教授     中本 剛  nakamoto(*1)
  • 教授     森田 昇  nmorita(*2)
  • 教授     比田井洋史 hidai(*1)
  • 准教授    松坂壮太  matusaka(*1)
  • 助教     大森達夫  tohmori(*1)

システム・制御・生体工学

Systems, Control and Biomechanical Engineering

 システム制御・生体工学領域は,生物の最適運動や生命・生体機能におけるメカニズムの工学的応用,ロボットやメカトロニクス,車両,飛行体,ダイナミカルシステム,福祉支援機器などの機械システムの知能化・自律化を実現することを目的とする.これにより,たとえば機器を操作する人の負荷を軽減,あるいは操作効率を向上させることができる.この目的のため,動的システム・制御工学,生体工学,行動学習などに関する教育,研究を行う.

スタッフ

環境・熱流体エネルギー

Fluids, Energy Conversion, Aerospace and Global Environment

 熱流体エネルギー・環境講座では,地球環境を悪化させることなく豊かで快適な生活を維持するために不可欠なエネルギー源の多様化と最適化を実現することを目的とする.そのために,エネルギーの供給・リサイクル・利用・変換に関わる熱・流体工学の教育と研究を行う.

スタッフ


(*1)メールアドレスは"@faculty.chiba-u.jp"を付けて下さい.
(*2)メールアドレスは"@chiba-u.jp"を付けて下さい.


学部:千葉大学 工学部 総合工学科 機械工学コース
大学院:千葉大学大学院 融合理工学府 基幹工学専攻 機械工学コース
〒263-8522 千葉市稲毛区弥生町1-33 TEL: 043-290-3909 FAX: 043-290-3039
Copyright (C) Department of Mechanical Engineering. All rights reserved. based on PukiWiki

Today: 2, Yesterday: 8, Total: 1869 since April 2017