本文へスキップ

2020年度衝撃波シンポジウム 2021年3月3日(水)〜2021年3月5日(金)

オンライン開催



TOPICS

  • 2020年度衝撃波シンポジウムは,初のオンライン開催という形になりましたが, おかげさまで無事に終了いたしました.ご参加,ご協力いただいた皆様,誠に ありがとうございました.

AWARDS若手プレゼンテーション賞のご案内

  • 若手プレゼンテーション賞決定のご案内(2021年03月11日)
    2020年度衝撃波シンポジウムBest Presentation Award(若手プレゼンテーション賞)が決定いたしました。次の方々が受賞されました。おめでとうございます。
  • 佐伯峻生(東京大学)
    「細胞への衝撃波作用可視化に向けたナノ秒間隔ピコ秒露光時間の撮影システム」
  • 福嶋岳(名古屋大学)
    「乱流との干渉による衝撃波面消失モデル」
  • 徳永賢太郎(東京大学)
    「粒状体への衝突現象モデル化に向けた実験的および数値解析的研究」
  • 小川真吾(名古屋大学)
    「前方流速誘起による衝撃波強度の低減」

    受賞者には表彰状とメダルが後日贈呈されます。

NEWS新着情報

       
2021年03月01日
講演プログラム(最終版)を更新いたしました.総合プログラムを公開いたしました.
2021年02月24日
オンライン実施概要とマニュアルを更新いたしました.
2021年02月22日
講演プログラム(暫定版)を更新いたしました.
2021年02月18日
オンライン実施概要とマニュアルを公開いたしました.
2021年02月16日
講演プログラム(暫定版)を公開いたしました.
2020年11月10日
サイトをオープンしました.

HOSTED BY主催・共催・後援・協賛団体

主催:
日本衝撃波研究会
共催:
宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所、東北大学流体科学研究所
後援:
国際衝撃波学会、日本建築学会、ちば国際コンベンションビューロー、日本学術会議
協賛:
応用物理学会、日本化学会、日本機械学会、日本高圧力学会、日本材料学会、日本分光学会、プラズマ・核融合学会、レーザー学会、プラズマ応用科学会、日本生体医工学会、日本航空宇宙学会、土木学会、日本マリンエンジニアリング学会、日本燃焼学会、火薬学会

バナースペース


ちば国際コンベンションビューロー

ノビテック

東京インスツルメンツ

オリエンタル白石

株式会社フォトロン

島津製作所

ナックイメージテクノロジー

アストロデザイン株式会社

東北大流体研

㈱IHIエアロスペース